「大屋根の家 塗り壁」

フォルテボードが張り終わり、
ディパネート(塗り壁)の下地を塗り始めました。

古民家風をお家のテーマに、
エクステリアの打ち合わせ。
道路から植栽を楽しみながら玄関へつづくスロープ。
お家に入居されたら坪庭で園芸を楽しむそうです。

白い家 完成

名古屋市 
「白い家」

エクステリア工事はまだこれからですが
建物完成しました。

外では
芝生と植栽植え込み工事を行っています。

左官屋さんが上手に塗り壁を仕上げてくれました。

外からチラッと見えていた黒い煙突

リビングに薪ストーブがあります。

玄関は大理石調の床
吹抜けがあるので開放的です。

LDK 白い梁にスポットライトを
埋め込んであります。

友人・知人とよくホームパーティーする為
使いやすさと見た目もこだわりました。

キレイに保つのは大変だけれど
オープンキッチンは憧れます♪

家事動線◎
キッチンとリビングから出入りでき
収納にもこだわりました。

壁1面クロスをポイント貼りにしました。

ご主人こだわりのお風呂

2Fミセスコーナーに洗面台
かわいくピンク色でそろえました。

内断熱 セルロース

知多市のお家。
W断熱工法では標準となっている
セルロースファイバーの吹き込みをしていました。

セルロースファイバーとは・・・?
国土交通大臣認定商品。
回収された新聞紙古紙を原料とした再生エコロジー断熱材。
一見新聞紙の固まりがふわふわしているだけに見えますが。

■断熱性能を高める吹込施工

家の壁の中には、電気配線や水道配管・筋交い・金物などなど
でっぱりや引っ込みがあります。
断熱材は 隙間がない状態に施工をしてはじめて断熱性能を
発揮しますが、凸凹の多い壁にはとっても難しい作業!!

セルローズファイバーは、吹きつけ施工。
凸凹している壁の中に隙間なく施工することが出来るので、
断熱の欠損が少なく、より高い断熱効果を発揮します。

断熱だけでなく「防火」「調湿」「防虫」「防音」にも優れてます。

■新聞紙なのに燃えない?防火性能

新聞紙?燃えるのでは??と心配される方が多いのですが、
実際は他の断熱に比べて燃えにくいのが特徴。
このふわふわのセルロースには
ホウ酸を染みこませているのです。
ホウ酸はとても燃えにくい性質を持っている為
実験で火をつけても表面が炭火するだけで、
新聞紙の様に燃える事はありません。。

■調湿性能

湿気を「吸って 吐く」
例えば一日履いた靴の中に新聞紙を丸めていれて湿気を取るお手入れ方法が
ありますが、同じく新聞紙を原材料にしているので高い調湿性能があります。

■驚きの防音性能

隙間なく施工できるので、高い防音性能。
プロデュースTMYの展示コーナーでは
防犯ブザーを鳴らしてみる防音実験装置があります。
その防音性能にみなさんびっくりされると思います。

■セルロース吹き込み後

・壁と天井にパンパンに吹込みがされている所です。

・吹込み口をふさいで
内断熱工事の完成です。